SEYMOUR COMMUNICATION
CREATIVE WORK'S 作品集1

・イラストマップ
・鳥瞰図
・タウンページ
・共済ふくしま表紙1
・共済ふくしま表紙2
・共済ふくしま表紙3
・昔ばなし
・はじめのまんがエッセイ
・イラストカット
・イラストカット2
・その他イラスト
・その他イラスト2

 作品集2
・グラフィックデザイン
・パッケージデザイン
・屏風絵
お問い合わせはお気軽に


昔ばなし

馬面
うまんづら



 郡山市喜久田町の磐越西線の踏切の近くに馬面という所があるんじゃが、昔この地を小柄な旅のお坊さまが通りかかったんじゃ。
 ちょうど昼飯どきになっておりお坊さまは一軒の農家に立ち寄られた。
 その家には大変けちな夫婦が住んでおった。
 お坊さまは囲炉裏で煮ていた芋を食べさせてくれと頼んだのだがけちんぼ夫婦は芋を坊さまに食べさせるのが惜しくて「これは馬にやるものだから、これを食べると馬になる」と言って断った。
 お坊さまが去ったあと、この芋を食べた夫婦は顔がのびて馬面になってしまった。
 それからこの地を馬面と呼ぶようになったと伝えられているんじゃよ。
 その旅のお坊さまは弘法大使さまというえらいお坊さまだったんだとさ。
 人には親切にするもんだっていう話だよ。

 
昔ばなし一覧に戻る