SEYMOUR COMMUNICATION
CREATIVE WORK'S 作品集1

・イラストマップ
・鳥瞰図
・タウンページ
・共済ふくしま表紙1
・共済ふくしま表紙2
・共済ふくしま表紙3
・昔ばなし
・はじめのまんがエッセイ
・イラストカット
・イラストカット2
・その他イラスト
・その他イラスト2

 作品集2
・グラフィックデザイン
・パッケージデザイン
・屏風絵
お問い合わせはお気軽に


昔ばなし

鬼生田の鬼の子




 桓武天皇の時代(七六一年~八〇六年)。地獄田という田んぼで仕事をしていた女の人が、急に腹を痛めて鬼の子を産みおとしたんだと。だからここを鬼生田って言うんだない。
 その子は死人が出ると這い這いして死んだ人を見に行って、いつまでも見ているんだと。
 七歳ぐらいになると五尺(一五〇cmくらい)もある立派な体になって、墓をあばいて死人を食べたり、家族や村の人に暴力をふるったりするもんだから親たちはその子を殺そうと考えるようになった。
 鬼の子はそれに気がついて家を出てしまった。
 それから何年かたった。鬼の子は大滝根という所に住み、滝根丸と名乗って手下を大勢ひきつれて旅人や村を襲って暴れまわっていたんだと。
 人々は滝根丸を「鬼」と呼んだ。
 滝根丸の勢力はどんどん広がりそれを知った桓武天皇は坂上田村麻呂を征伐に向かわせた。
 田村麻呂は大勝利を収めたのだが、滝根丸とその一味は、田村麻呂に滅ぼされたとも、追われて紀州の熊野に逃げたとも言われているもんだから鬼生田の人たちは「熊野権現に参拝すると鬼の魂が乗り移る」と言って熊野参拝はしないんだとさ。

 
昔ばなし一覧に戻る